胃下垂 及び 内臓下垂

胃下垂と内臓下垂

胃下垂とは胃の位置が正常よりも下がっている状態のことで、一般に長身でやせ型の人に多いとされています。

ところが、実際に訴えられる人は中肉中背の人、あるいは肥満型の人にも胃下垂の方は多くおられます。
胃が下垂していても、現代医学では病気扱いをされません。

でも、本人は疲れやすく苦しいのです。胃の機能は半分以下。胸焼けや膨満感などスッキリしない日々に悩まされ、筋トレなど良いと言われることは皆さん必死です。

しかし、なぜあまり効果が出ないのでしょうか。

胃は通常、横隔胃筋という筋膜がハンモッグのように横隔膜の中で半分包み込んでいます。その胃が下垂するということは、胃を引き上げる筋肉(筋膜)が弾力を無くした状態と推測できます。

したがって、意識で動かすことの出来る腹筋とはつながりが別のものですので、いくら筋トレをしてもなかなか胃下垂には効果がでにくいのです。
 
 腎臓下垂や大腸下垂は、そのことが腎臓に起きれば遊走腎(腎臓下垂)ですし、大腸に起きれば大腸下垂といった具合に、内臓が所定の位置に収まらず垂れ下がってしまうということでは、体を引き締める力が弱く弾力が無い為内臓下垂が起きる訳で、一見、太っていても虚弱で、胃下垂ということはありうるのです。

 
  スペースアカシャでは他の臓器の下垂状況(エネルギー的な観点を含む)をチェックし、必要に応じて心・肺・腎臓・大腸2箇所・肝臓・すい臓・膀胱・小腸・子宮などをそれぞれのポイントで下垂を治しています。
通常の医学的立場からは疑われますが、整体のビフォー・アフターの差に驚かれるでしょう。




 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13211900
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)