胃下垂は膨満感と胃酸過多の原因

膨満感や胃酸過多
胃下垂は蠕動運動が弱まり、胃に物が長く残ることによって膨満感が続き、食欲不振になります。また、栄養を十分に吸収できなくなり、肌荒れや虚弱体質など、様々なところに異常が出てくる恐れがあります。さらに、胃は何とか内容物を消化しようと胃酸を大量に分泌するようになるため、胃酸過多となり胃炎、胃潰瘍を起こす危険性が高くなります。
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13216166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)

胃酸過多について
Excerpt: 胃酸過多についての記事がある日記を紹介しています。
Weblog: 胃酸過多対策
Tracked: 2008-06-12 11:28