低体温から抜け出す

■この冷えは腎の体を温める「陽の源」(内臓を温めて機能させる力)を弱めて体温を下げます。又腎臓の水分代謝全般を調節する力も弱め水分停滞を起こします。


■体温36.5℃が1℃下がると不健康になります
@免疫37%低下  A基礎代謝12%低下 B体内酵素50%低下 Cがん細胞は低体温(35℃)を好む


■ アカシャの整体は胃下垂を治し、全身の芯からのリフレッシュを保障します。
「気功とアロマのアカシャ式整体」を受けていただきますと、胃下垂は即効で治り、心・肺・脾・腎の働きが回復するにつれ、汗をかくようになったり、お腹や背中の冷えが消えたりしながら2〜3ヶ月で血行不良が解消し、筋肉に栄養が届き、虚弱体質から脱出できるでしょう

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13485890
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)