胸郭が正常位置にくると・・・

胸郭が正常位置にくると内臓のスペースが十分に取れるようになり、内臓下垂による機能が復活し、低体温や筋力低下・血行不良・栄養失調のなどの悪循環が断ち切れます。

内臓はまるで筋肉のハンモックの上に乗って支えられているようです。例えば胃は横隔胃筋と言うハンモッグに包まれていますが、この横隔胃筋が低下して骨盤のあたりまで下垂したのが胃下垂です。
胃下垂は栄養吸収が不十分で全身の筋肉が虚弱となり、筋肉で作り出される熱も少なく[冷え」が起き易くなります。冷えた筋肉は体の深部に至るまでコリをつくり血行や栄養が届かなくなり、さらに筋力を低下させるという悪循環が生まれます。

胸郭が正常位置にくると・・・
この胸郭が正常位置にくると内臓のスペースが十分に取れるようになり、内臓下垂による機能が復活し、低体温や筋力低下・だるい・血行不良・栄養失調のなどの悪循環が断ち切れます。

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13487243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)