胃下垂及び内臓下垂(十二指腸)

内臓の定位置 内臓の位置を確認してみましょう。胃の通常の位置はみぞおち辺りにあって、肋骨にガードされた中にあります。食事をするとお臍の上辺りが膨らみます。

みぞおちから右わき腹にかけて膨満感を感じる方は、胃と十二指腸につながる気の通り道が塞がれ、気が停滞しています。また、十二指腸の状態が不安定の人は消化液が十分に出ず、排便時に食べたものが消化されない状態で出てくる事があります。

胃下垂を治すことが前提ですが、十二指腸も正常位置にすると、スッキリ感が呼び覚まされます。

 

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13532399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)