胃下垂及び内臓下垂(腎臓)

内臓の位置腎臓.jpg腎臓は10センチほども下垂し、そのうえ左右にも移動します。そのような状態は遊走腎といわれます。

原因は胃下垂と同様、腎臓を取り巻き、腎臓を支える筋膜の組織が血行不良などにより弾力を失い、引き締める力が不足する事によります。

腎臓を支える筋膜の血行不良は骨盤を整える事により簡単に解決する事ができます。

遊走腎になりやすい人は痩せていて、体脂肪の少ない女性に多く見られます。また、右の腎臓がなりやすいようです。

症状の現れ方は立っていると腰や脇腹に鈍痛があって、座ったり寝たりすると楽になります。また、残尿感や頻尿、食欲不振、膨満感、むくみなどを訴える人もいます。

 

この記事へのコメント
腎臓が下垂の右の横腹が痛く
がりがりです

来週の火曜日に予約を入れさせていただきました。
大変楽しみにしています

渥美
Posted by 渥美 at 2010年12月18日 15:48
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/13534644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)