小さい頃から虚弱、胃や腸の不調で病院通いをしていました。

H23年5月よりお世話になっております。
小さい頃より虚弱で、なかなか太ることができず、胃や腸の不調で病院へ通うことが多かったです。食後には必ず下腹部が出て、夜中に胃がもたれて眠る事ができないことが、度々ありました。おそらく胃下垂なんだろうなあと思っていましたが、30代後半の時に胃透視を受けたならば、やはり胃下垂で、担当医師に膀胱まで下がっているといわれました。
40代後半になり、普段と変らずに食べているのに体重が減り始め、倦怠感も出てきて、長年の胃下垂が原因かもしれない、なんとかしたいと思っていたところ、HPでアカシャさんを知りました。
震災直後でしたが、すがる思いでアカシャさんに出向き、施術をして頂きました。サークルチェックでは、恥骨まで胃が下がっている事がわかり驚きました。アッという間の施術で、胃が正常位置に戻り、呼吸も腹式呼吸から胸式呼吸にガラっと変わり、スタッフの皆さんより食事の仕方や呼吸の仕方を指導されて帰宅しました。
急に胸式呼吸に変ったためか、体が慣れるまでひどい倦怠感で、仕事や生活するのに支障があり、1ヶ月仕事を休み、寝たり起きたりの生活をしていました。その後は徐々に体調が回復しましたが、体調が良くなるまでは半年くらいかかりました。しかし、食べても下腹部が出ることや、夜中の胃もたれはなくなり、体重も戻りkeepできるようになりました。梅雨の時期に体重が減っていたのもなくなりました。
私は医療職ですが、先生には「自分の体が1番だから、自分に体に合った仕事の部署に変ったほうがよいでしょう。」と再三アドバイスを頂いておりました。昨年は子宮の手術を受けたりしましたが、今年の春にようやく部署移動となり、健康を維持して仕事や生活をしているところです。
先生やスタッフ皆様には大変に感謝しております。年に1回はメンテナンスを受けるようにしていきたいと思っています。

                山形県  K.K様

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14998017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/12/16 09:02)
Excerpt: 足立区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
Weblog: ケノーベル エージェント
Tracked: 2013-12-16 09:03