整体を受けて

今年に入ってから体重が減り始め、40キロを下回るようになって(身長は158p)
体に活力がわかないと感じ初めていました。
その上血管年齢を調べてもらう機会があり、なんと+12才と判明。50代に入ったばかりの私の血管は淀んでいて詰まりもあり健康な状態とはいえないとの診断でした。
食べ物には自分なりにできる範囲で気を使っていましたのに・・・。
身体に取り込む食べ物の選択は大切ですがそれもきちんと消化吸収できる身体あってのことと考えがいたりました。そして、体質だからしょうがないとあきらめていた胃下垂をなんとかしようと思いたちスペースアカシャさんにまいりました。
まず体のねじれを指摘されました。先生と一緒に自分の骨盤、あばら骨と触ってみる
とあきらかに左に体がねじれています。
このねじれでみぞおちには胃が収まるためのじゅうぶんなスペースがないとのこと。
そしてオーリングテストで調べると、私の胃は、なんともうこれ以上さがれないほど下の恥骨の上にあり、そこから左へ背中へと、どろんと垂れた状態だったのです。
昨年末から通い始めたヨガセラピーで腹式呼吸を徹底的にやっていたのも胃下垂にはよくなかったとのこと。
“からだをゆるめてゆるめて”とヨガの先生はよく言っておられましたが私のゆるんだ胃にはまったく逆効果だったのです。
そうしてアカシャの先生はおっしゃいました。
「これから体のねじれを元に戻し、肋骨にきちんとしたスペースを確保します。そしてこの胃を小さくして肋骨の中におさめますからね。」
気の力による先生は施術はとても不思議で整体初体験の私にはなんだか魔法のようでした。
また私はうつ伏せに寝て上体をそらすことがほとんどできませんでしたが股関節をやさしく整えるような施術ですんなり上体そらしができるようになりました。
仰向けに寝て膝を立てパタンと倒したときの柔軟さも明らかによくなっていました。
施術のあとにうけたアロマのマッサージと顔パックもとても気持ちがよかったです。
アロマが身体にしみこんでいって胃の周りを優しく保護してくれているように感じました。
終了後に温かいお茶を頂きました。
定位置まできた胃に、飲んだお茶がしみるのがわかるかなと思いましたがちょっと私にはそれほど劇的な感動はありませんでした。
ただお茶の香りがとても強く感じられたのは胃と脳の距離が近くなり味覚、嗅覚能力がアップしたためとのことでした。「3か月もしたらきっと体質が変わって生まれ変わったようになるよ」との先生からのお言葉が大きな励みになっています。
胃は急に動かされてびっくりしている状態なのかまだよく働いてくれている感覚はありませんが今は養生しながら健康的な身体を作っていけたらと思います。
            東京都 N.K様

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15092289
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)