「何をしてもよくならなかった。」

私は8才位から食事をすると気持ちが悪くなる事に悩んできました。年齢を重ねるごとにその症状は悪化し、さらに、食事に関係なく突然気持ちが悪くなったり、立てないほどめまいがしたりと、ここへ書ききれないくらい体の不調が現れるようになってしまいました。いつも、どこか体調が悪くて、そして突然なるので、電車や人の運転する車に乗れなくなり、外で食事することもできなくなってしまいました。そのせいで日常生活が困難な状況です。
そんな時に、ネットでたまたまここを知り、藁をもすがる思いで訪ねました。今までどこへ行っても原因不明だったこれらの症状が、胃下垂と虚弱体質からきていることが分かり、とてもホッとしました。
現在、治療の途中ですが、気持ちが悪くなる回数も減り、程度も軽くなってきています。さらに、息苦しさやめまい、痒みもすこし良くなった気がします。生活が楽になってきました。本当にここへ来られてよかったです。そして、先生方に出会えて本当に救われました。大げさかもしれませんが、このタイミングで出会えなかったら今年の夏は越せなかったように思います。ありがとうございます。これから残りの20代を存分に楽しみたいと思います。これからもよろしくお願いします。

           群馬県 M.N様

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/15236364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)