ごあいさつ

私たちは、人間を「体・心・気」などの有機的統合体ととらえ、社会・自然・宇宙との調和にもとづく包括的、全体的(ホリステック)な健康観を前提にしています。
そして、私たちは生命が本来、自らのものとしてもっている「自然治癒力」を癒しの原点におき、この自然治癒力を高め、増強する事を整体の目的としています。
 
私たちは整体師が患者を治療するのではなく『患者さん自らが自信を癒す』を援助します。病気は患者さんのものであり、それを癒す中心はやはり患者さんです。治療家はあくまでも援助者。治療よりも養生、他者療法よりも自己療法。ライフスタイルを改善して患者自身が『自ら癒す』姿勢が治療の基本です。
アカシャの名前は宇宙に浮かぶエネルギー体の一つに人類の過去から未来までの全てが記録された、データバンクのような存在があるそうで、自然治癒力のデータもここに秘められているそうです。
このアカシャといわれる存在とコンタクトが取れれば素敵だと思い、願って名前をつけました。

私たちが胃下垂を治し、自然治癒力を引き出します。



RIMG0004.JPG
  左から 小林(経理担当)

 織田・鳥海・今吉 (整体担当)