指と手首の整体で側湾症や腰痛も同時に快調に

 不定愁訴を訴えられる患者さんたちは肩こり・首痛はもちろん、ほとんどが側湾症や腰痛・胃下垂を同時にわずらっておられます。
 かつて私も、腰痛といえば仙腸関節の調整で全て整体しようとしていました。あるいは首・肩凝りといえば頚椎調整で整体をしていたのですが、それではなかなか治せない時代がありました。今思えば直りが悪いのは当たり前です。原因が別のところにあるのですから。
 体の筋肉の緊張のつながりを注意深くサークルチェックで見ていくと、手首・腕・胸・腰・腿まで関連している筋肉の緊張が判りました。
何より『指と手首の整体』をすると、腰痛まで治るという事実が『論より証拠』です。最近不調とい方はもちろん、長年苦しんでおられる方、是非お問い合わせ下さい。
|

頚肩腕症候群 整体

かつての頸肩腕症候群患者は腕を酷使する往年のキャリアーウーマンに多かった
頸肩腕症候群はタイピスト・速記者・役所に提出するような、筆圧をかけないとかけない複写伝票を書くような事務員さんなどでした。

様変わりした頸肩腕の痛みの原因
最近の頸肩腕の患者さんの原因は筋力低下がみられます。その根底に社会や文化の様変わりが考えられます。
 @パソコンによる手、指の慢性疲労、特に親指と人差し指の腱鞘炎
 A身体の歪みなどによる筋肉・筋膜の血行不良・栄養不足・胃下垂