だるい

  最近、実践的にわかったことですが、根深いだるさから解放されたというお客様の感想を整理してみますと、だるいと訴える方は胃下垂のほかに共通して小腸下垂、腎臓下垂(遊走腎)、肝臓下垂、腸間膜の硬縮を起こしています。そしてそれらの内臓下垂改善の施術を始めると、もやが晴れるようだとか、ベッドの上でスッキリ感を報告してくださいます。

  胃下垂の方は胃だけに止まらず、内臓全般が下垂していると思われます。一度スペースアカシャの内臓下垂整体をお受けになってはいかがでしょうか。

胃下垂が原因のだるさなら一回の整体でで改善

アカシャ式整体なら、「だるい」を一回で劇的に改善

「どうして改善されるかって?」 実は「だるい」には共通した原因があるのです。

@おなかが冷たく、気が廻らず慢性の疲労状態。
A内臓の動きが悪いため、栄養が吸収・同化されない。
B 上半身が捻れ(外見では肩の高さの違い)から胸が広がらず、肺に酸素が十分に入っていない。

この3つの原因についてはアロマオイルケアと気功のアカシャ式整体で空気が胸いっぱいに入り、血液が全身に流れてからだが温まり、そして、細胞全てに「気」が満ちて、心地よいスッキリ感に包まれます。

 シャキッとした笑顔、元気で素敵なあなたの周りには「シャキッとした素敵な笑顔の人たちが集まります。

胃下垂とだるさ

「えー」「整体でだるいのが治るのー?」
『だるい』をYahooの検索オプションで調べると315万件。国民的症状の一つとなりました。
『だるい・体が重い』といえば「アリナミン」とか「ファイトー 一発ア―っ!」とか連想しますが、確かに疲れたときこれを飲むと一時的にはがんばれます。でも、実は本当に体力が無い人にとっては『痩せ馬に鞭』のようなもので、それを繰り返していますと、ある日疲れが限界に来て一歩も動けないほどになります。

だるい 整体

整体といえば痛みに対して効果的と思われがちですが、実は『だるい』に即効の整体法があるのです。
上半身が捻れ、胸の肋骨の形が肺を圧迫するように狭まり、呼吸が浅く全身に酸素が行き届いていないことが多いのです。
どうしてそんな肋骨の形になるのでしょう。その原因は日常の姿勢の癖であったり、手首の腱鞘炎だったりするのです。
この肋骨の歪みは徐々に進行するもので、『だるい』を自覚する時はかなり進んでいます。
1時間であなたの長年の悩みがほとんど解決するでしょう。案ずるよりまずお電話を!。
03−5809−6319