お腹ポッコリ

胃下垂の多くは食後に下腹がポッコリする事に悩まされます。胃下垂でお腹がポッコリするのは、膨満感を伴いつつ、おなかがパンパンに張るのが特徴です。

胃下垂が原因の下腹ポッコリの人がいくら食事制限をしたりしてダイエットをしても、これは理想のプロポーションを手に入れることは出来ません。

 ただし、下腹ポッコリの原因の全てが胃下垂とは限りません。お腹を突き出し手歩く人、猫背の人や脂肪太りの人など、胃下垂が治っても依然として下腹ポッコリという人も中にはいます。

体質を改善するような心構えで取り組んでいただければ、慢性疲労の解消のみならず猫背や垂れ尻など様々な悩みも解消してハツラツとした元気を取り戻せるでしょう。

 

 

胃下垂・呼吸・腱鞘炎

胃下垂の人のほとんどは呼吸がうまく出来ません。胸いっぱいに空気が入るように、子供の頃やったラジオ体操を思い出してやってみましょう。何となく不十分で、何処かぎこちない事に気付きませんか?

この原因は肋骨の変形にあります。この肋骨を治すには腕にポイントがあります。その一つは人差し指や親指の使いすぎに起因していることが多いのです。これは最近のパソコンが生活に根ざし、マウスを持ち続ける手指が限度を超え、疲労していることを物語っています。

腱鞘炎は軽度の内なら意外に簡単な整体で治ります。

腱鞘炎を治すと肩凝り、呼吸、咳、腰痛、胃下垂まで一気に治る事もあります。